富田林市Hさま邸完成いたしました。

富田林市で改装工事を行なわせて頂きました、Hさま邸が完成いたしました。


折り重なる切妻屋根が美しい外観に、木製の格子がアクセントになっています。
Hさまのイメージは和風旅館のような佇まいとのことで、落ち着いたベージュの外壁になりました。

外構工事も終わり、落ち着いた佇まいになりました。


 
玄関扉は米ヒバ材の木製引戸に変わりました。
玄関脇にはリビングから繋がる縁側に植栽があり、室内も室外からも楽しませてくれる空間になりました。

室内のご案内です。

玄関は以前と同じ場所ですが、式台を設けて段差も低くなり手摺も取付させて頂きましたので、ご家族にも来客の方にも優しい玄関になりました。


正面の杉板を張った壁はクロークの扉になっており、これからの季節の上着を収納する場所になっています。



LDK空間は、以前は和室のあった東側に配置しました。天井を一部、勾配天井にしたことで、天井裏に隠れていた梁が化粧で見え、空間のアクセントになりました。
広々としたLDKで、2世帯暮らしのHさまご家族が集うのに十分な空間となりました。
無垢の床材に、珪藻土の壁、杉板の天井など自然素材も満喫できる空間になりました。

LDKには新たに軒と縁側も設け、庭木を楽しめるようにもなりました。

 
対面としたキッチンで、カップボードも製作家具で造り付けました。
キッチンの西側には、物干しデッキもあり、外に冷蔵庫や洗濯機も置ける空間です。
タモの木目が綺麗な仕上がりです。


物干しの屋根は自転車置き場も兼ねていて、機能的な作りになっています。

洗面台も家具工事で行なわせて頂き、オリジナルの仕上がりです。鏡は引戸になっており、中は収納になっています。

洗面からキッチンへは一直線に繋がっており、途中には物干し場への扉もあり、家事動線の良い間取りになりました。

お風呂も配置を以前とは変更し、大きさも大きくなりました。
以前のお風呂はタイル貼りで凝ったつくりで趣きはありましたが、段差や冬場の寒さが厳しく、ユニットバスにすることで段差もなくなりました。


 
トイレも大工さん造作の棚などで、木の質感を感じる空間です。  
玄関から勝手口につながる廊下は長さもあり、外観だけでなさはなく、室内も旅館の風合いを楽しめます。



Hさまは2世帯での暮らしを始めるにあたり、家工房に改装工事をご依頼頂きました。
平屋暮らしでの、2世帯の暮らしでプランもお施主様と相談させて頂きながら煮詰めてきました。
出来上がった住まいは、本当に憧れる建物になり、嬉しく感じました。
改装工事とはいいながらも、工事過程では新築以上に手を加えさせて頂きましたので、見た目も建物の性能も新築同然に生まれ変わりました。
長く住まわれた大切なお住まいの工事を家工房にご依頼くださった、Hさま。本当にお世話になりありがとうございました。
これからも末長くお付き合い、よろしくお願いいたします。