軒でつながるコンパクトな家

敷地51坪、建物28坪のなかで、庭と縁側を設けた総2階のシンプルな住まい。
効率的な家事動線や朝日の降り注ぐLDKが特徴の家ができあがりました。

敷地は東側が道路となり南側には隣地があり、3方囲まれた住宅地での計画です。
自然光は東側からも取り込む計画としており、LDKは2階の吹抜けの窓からの採光を自然の照明として明かりを届けるようにしています。
 建物の大きな特徴としては、リビングから縁側、庭、そして屋根のある玄関ポーチへとつながる間取りになっています。
玄関ポーチには深い軒と木製の扉を設け、通行量の多い前面道路へ子供が飛び出さないように、庭で遊んでいるときも安心して過ごせるように配慮しています。
また深い軒があることで、ベビーカーやベンチを置いたり家に帰ると、ふっと一息できる場所にもなります。
室内の間取りは、LDKを南側に配置し水周りは西側へ集約しています。
玄関はコンパクトながらも、玄関収納クロークがあり、趣味のゴルフバックが置けるようになっています。
コンパクトな間取りの中に、パントリーや階段下を利用した収納やトイレの収納など必要な場所に小さい収納ながらも、使いやすく快適に生活できるように配慮しています。
2階は寝室と子供室を個室でつくっています。子供室前には、フリールームがあります。
LDKと2階は吹抜けでつながっているため、フリールームで遊ぶ子供の様子や、ご夫婦の趣味スペースとして、家族の気配を自然と感じることができます。
外観は総2階のシンプルな外観になっています。東南に深い軒と縁側をつけることでシンプルな外観に一味持たせています。
日々の生活の中で自然と、庭の植栽が視界に入り庭木の表情の変化で四季を感じることができ、ご家族の想い出になる場所になればと思います。

[基本仕様]
・長期優良住宅
・ベタ基礎

・構造材 和歌山県紀州杉、桧
・屋根 ガルバリウム鋼板
・外壁 色モルタル掻き落とし ガルバリウム鋼板
・アルミサッシ LIXILサーモスⅡ-L Low-Eガラス
・床材 ナラ無垢フロア材
・室内壁 珪藻土左官塗り壁 クロス
・室内天井 杉板 クロス

[面積他]
・敷地面積
 171m2(52坪)
・延べ床面積 92m2(27坪)
・建築面積 60㎡(18坪)
・工事期間 5ヶ月
・竣工 2018.06

完成までの様子