堺市美原区 Sさま邸 進捗です。

堺市美原区で新築工事中の、Sさま邸では小野棟梁の造作工事も終盤に差し掛かってきました。

壁には断熱材も入り、LDK天井の杉板も貼りあがりました。

杉板は三重県の熊野杉です。

室内の扉の枠を丁寧に納めてくれています。

建物の外では左官仕上げの下地工事も同時進行で進められいます。

バラ板という杉の下地の上に、防水の紙を貼っていきます。

防水の紙の上に、左官下地のラス網を張り付けて、左官を仕上げていきます。

岩井左官さんが、3人がかりでコテで仕上げてくれています。

仕上げ材は、色モルタルの砂の搔き落としです。昔は主流だった仕上げですが、今では希少な仕上げになっています。

左官の中に砂の色むらがあり、表情のある外壁仕上げです。

これから、剣山のような道具で表面を 搔き落としていきます。

外部仕上げも終盤です。