富田林市 Kさま邸 足場解体しました。

富田林市で新築工事中の、Kさま邸の足場が解体されました。。

建物の正面は左官の掻き落とし壁に、両側面はガルバリウム鋼板仕上げと使い分けています。

屋根裏の木目が映える外観となりました。

内装工事が終わると設備や照明などの機器が搬入され、広かったリビングが埋まりました。

これらの機器を取り付けて建物の仕上げ工事も、あと少しとなります。

ドイデンの徳山さんが蓄熱暖房機を取り付けてくれていました。

完成すると中は見えないので貴重な光景でした。中には蓄熱レンガが入っており、ここに電気で蓄熱をして、家中を優しく暖めていきます。

器具づけが終わると、いよいよ養生はがしになります。