景色を取り込んだ平屋のような暮らし

敷地133坪、建物28坪のなかで、2階建てながら高さを抑えたことで、一見すると平家のような落ち着いた佇まいとなりました。
敷地の南側・東側の借景を生活に取り込み、四季を感じながら日々を重ねる暮らしを考えたプランです。
抜群の借景を活かしたLDK空間を中心に建物の中が繋がる間取りになっています。
大きな吹き抜けのある平屋の暮らしのなかに、書斎と子供室のある2階があり、1階には、主寝室とリビングの間に畳の間、物干し室、ファミリー収納を設け、家事動線はシンプルになっています。
格子戸を開けると目の前には縁側を兼ねた玄関スペースがお出迎えします。
ダイニング前の窓からは遮るもののない景色を楽しみながら、吹抜けの高窓からは空を眺めれる気持ちの良い空間になりました。
ソファー背面は1段下がった隠れ家のような3帖の、たたみスペースがあり読書やお子様のお昼寝など日常使いに便利な空間です。
1階には家族共有のクローゼットには室内物干しのできる空間もあり、毎日の家事動線も効率的に行うことができます。
キッチンまわりも収納量が充実しています。
2階には家族みんなで使えるワークカウンターもあり、ここからも景色を楽しむことができます。
景色を楽しみながら、ボーっとできる場所があり、生活の巾が広がりそうです。
抜群のロケーションの景色を日常に取り込むことで、清々しい日々の暮らしを自然に楽しめるお住まいです。

[基本仕様]
・長期優良住宅
・ベタ基礎

・構造材 和歌山県紀州杉、桧
・屋根 ガルバリウム鋼板
・外壁 色モルタル掻き落とし ガルバリウム鋼板
・アルミサッシ LIXILサーモスⅡ-L Low-Eガラス
・床材 ナラ無垢フロア材・アカシア無垢フロア
・室内壁 珪藻土左官塗り壁 クロス
・室内天井 杉板 クロス

[面積他]
・敷地面積
 440m2(133坪)
・延べ床面積 94m2(28坪)
・建築面積 81㎡(24坪)
・工事期間 6ヶ月
・竣工 2019.06

完成までの様子