河南町 Wさま邸 古民家再築工事が完成いたしました。

河南町で古民家再築工事を行わせて頂いていました、Wさま邸が完成いたしました。

外観の形は以前のままながら、屋根瓦、外壁に窓など見えている全てが刷新され、引き締まった外観となりました。

道路面の西側外観

屋根はいぶし瓦、
外壁は色モルタル 砂の掻き落とし、
道路面は河内材の杉板張り
玄関扉は以前の建具を再利用し、佇まいに馴染んでいます。
玄関は以前の面影を色濃く残しながらも、新しい素材と自然な雰囲気で共存した、まるで旅館のエントランスのような仕上がりとなりました。

左手の暖簾の中はシューズクローゼット
正面の杉板貼りの壁の裏手は収納と見た目の美しさだけでなく、機能的な空間へと生まれ変わりました。
以前の、昔ながらの田の字型の和室はLDK空間になり、東面には景色を楽しめる縁側のある掃き出し窓を設けました。
今までは東側に窓がなく東側の景色を眺めることはありませんでした。
今回の再築工事で借景を楽しむために、家を凹ませて新たに、軒下と縁側を設けました。
リビングの広さは狭くなってでも価値のある気持ちの安まる空間が出来上がりました。
キッチンは対面型とし、ご家族が集うリビング、ダイニング空間を見渡せます。
カウンターを製作家具でつくったことで収納量も十分です。
キッチンへは玄関からの直接アクセスも可能です。またパントリー空間もあり、日常のお買い物など利便性の高いつくりとなりました。
水まわりも間取りから一新しました。
以前は外にあったお風呂は景色を楽しめるようになり、洗面は広々2ボールで製作をしました。
トイレにも収納を兼ねたカウンターに手洗いを設け、毎日の暮らしの中でも少し非日常の旅館に泊まっているかのような楽しい勘違いがあるようなイメージを意図しました。


増築部の渡り廊下も低い天井に、昔の建具、低い窓に木の格子など、渡り廊下感を存分に感じる空間です。

お仏壇のスペースのある和室も設けました。
古民家ならではの梁が良い雰囲気を出してくれています。
2階は元々は使われていない納屋空間で歩くのも怖いような空間でした。
今回の再築工事で、高さに制限はあるものの、隠れ家のような個室を設けることができました。
3人のお子様さんたち、それぞれの趣向をこらした空間になりました。
2階の床は建物の雰囲気にあわせて、
杉の床材としました。
杉は三重県の熊野材を採用し、
木目が綺麗な見た目にも足触りも優しい仕上がりとなりました。
以前の建具も数枚ですが再利用させて頂きました。
美装の向陽美装さんが、技を披露してくれたことで古建具が趣きのある建具に生まれ変わりました。

小野棟梁が暖簾かけを建物の雰囲気にあわせて、作ってくれました。

Wさま邸は家工房としては初めての古民家野再築工事となりました。

お施主様のWさまが暖かく見守ってくださる中、現場では小野棟梁が存分に経験を活かしてくれました。

沢山の職人さんたちが惜しみなく持てる力を費やした結果、古き手仕事の趣きのあった建物に新たな想いと歴史を付加できたことで、無事に完成できたと思います。

Wさまは、以前に家工房で改装工事を行わせせて頂きました羽曳野のKさまのご友人でKさま宅に遊びに行かれた際に家工房をお知りいただいて、この度よいご縁へと繋げて頂きました。

みなさまに支えられて家工房は、おかげさまで5周年を超えて、6年目を迎えさせて頂きました。

Wさま、このたびはお世話になりまして、ありがとうございました。