河内長野市 Kさま邸 屋根工事

河内長野市で改装工事中の、Kさま邸では針本板金さんの屋根工事が完了しました。

家工房で、いつも採用するガルバリウム鋼板の屋根材で綺麗に葺いて頂きました。

細かい部分の仕舞いを行い、屋根工事の完了です。

Kさま邸では大屋根と庇の仕上げをかえて、落ち着いた佇まいになるように意図しています。

そして、室内では藤川棟梁のフローリング貼りが進んでいます。

オーク材で綺麗な木目です。

見た目だけではなく、肌触りからも感じる自然素材の床材です。

藤川大工さんが細かい部分を加工しながら、1枚1枚 張っていきます。

建物の外では屋根工事に引き続き、外壁の下地作業も進み、左官下地となるラス網が張られています。

電気のドイデンさんが外壁の配線出しなどを同時進行で行っていきます。