河内長野市 Kさま邸 大工造作工事中です。

河内長野市で改装工事中の、Kさま邸では藤川棟梁の造作工事が進んでいます。

天井、壁に断熱材が入りました。

これまでは断熱材のない建物でしたので、今回の改装工事で家の性能の向上も行います。

いよいよ天井の杉板張りが始まりました。

既存の梁の形を型取りながら擦り付けていきます。細かい部分も丁寧に造作してくれています。

綺麗に貼り上がりました。

以前は隠れていた梁を見せて、勾配天井にしたことで開放的な空間になりました。

三重県の熊野杉の天井板の木目がアクセントになりました。

建物の外では岩井左官さんの外壁の左官塗りも進んでいます。

引き続き、工事が進んでいきます。