大きな下屋のある開放的な住まい

開放的なLDKに和室で室内に広がりを感じながら南側の縁側を介した庭木を日常の中に取り込むことで、
日常の中で無意識に季節の移ろいを感じる間取りとなっています。
リビング上部の吹抜けから自然な採光がダイニングに降り注ぐことで明るいダイニング空間になります。
洗面室からファミリー収納、物干し場へと直線でつなげることで、洗濯→物干し→収納までがコンパクトな距離で行うことができます。
必要なところに必要な収納たっぷりの家事がしやすく、こどもがのびのびと成長していくそんなお家が完成しました。

[面積他]
・敷地面積
 183.10㎡(55.2坪)
・延べ床面積 114.28㎡(34.5坪)
・建築面積 68.73㎡(20.7坪)
・工事期間 6ヶ月
・竣工 2020.03

完成までの様子