河内長野市 Kさま邸 造作工事中です。

河内長野市で改装工事中の、Kさま邸では藤川棟梁の構造補強工事が進んでいます。

屋根の下地に続いて、室内では構造の組み替えが進んでいます。

藤川棟梁が現場に合わせて1本1本を加工していきます。

梁材への彫り込みなどは専用の工具を使い、手作業で加工をしていきます。

新築の場合は事前にプレカットという機械加工をして現場に材料を納入しますが、改装工事の場合は現場状況にあわせての加工が必要となるため、大工さんが現場で加工を行います。

2人がかりで重たい梁材を納めていきます。

新旧の梁のかかるKさま邸となりました。

以前からの梁は改装前は天井裏に隠れていましたが、改装後は化粧として見える計画です。

外壁の下地も出来てきたので、窓のつく部分のイメージもわかるようになり、出来上がりが楽しみです、

庭を楽しめる大きな窓が取り付く予定です。