河内長野市 Kさま邸 造作工事中です。

河内長野市で改装工事中の、Kさまていでは藤川棟梁の造作工事が進んでいます。

室内の構造組み替え、補強工事は終わり、外壁下地へと取り掛かりました。

既存の外壁は柱の見えている真壁(しんかべ)造りの仕上がりでしたが、今回の改装工事では補強を兼ねて、外壁を構造用合板で囲い、新たな外壁下地をつくる計画です。

窓も全てアルミサッシへと間取りにあわせて付け替えていきます。

母屋との屋根の取り合い部分も大工さんの技術で自然な形で仕上がりました。

母屋と離れはこの軒で繋がり、雨の日でも濡れることなく行き来ができる改装プランです。

藤川さんがLDKの掃き出し窓に増設する、軒庇の工事を行っています。

家工房の定番の、軒と縁側は改装工事でも積極的に取り入れています。

縁側があることで庭との繋がりをゆるやかに結ぶことができ、毎日の暮らしが豊かになります。

この日は針本板金さんの採寸が行われ、大工さんと各部の納まりを確認していきました。

引き続き、造作工事が進んでいきます。