八尾市 Fさま邸 棟上げ工事。

八尾市で新築工事中の、Fさま邸の棟上げ工事が完了しました。

棟上げは、西川棟梁はじめ7名の大工さんと、レッカー屋さんの総勢8名で作業を行います。

事前にプレカットという機械加工を施した材料が現場に搬入されていき、所定の場所に番付を確認しながら、大工さんが収めていきます。

1本1本の梁をレッカーを誘導しながら組み上げていきます。

巾12cmの梁の上を材料を持ちながら身軽に作業する大工さんの姿は格好よく惚れ惚れします。

骨組みが出来上がり、建物が立体的になりました。

引き続き、屋根の下地を行っていきます。

この屋根下地の工程の中で、屋根の断熱材を施工していき、屋根の下地となる野地板合板を伏せていきます。

野地板が貼り終わると防水のルーフィングを張ります。

これで天候を気にしなくても大丈夫な状況となりました。

棟上げ作業中、西川棟梁は作業の進捗状況をみながら、1階、2階、屋根と先々に段取りをして家の中を動き回りながら、現場を進めてくれています。


棟上げと同時進行で外壁合板張りも行われ、棟上げの日の夕方には屋根も外壁も下地が出来上がり、Fさま邸の棟上げ作業が無事に完了いたしました。

図面に描いた、お住まいが形となって上棟しました。

Fさま、上棟おめでとうございます。