河内長野市 Kさま邸 進捗です。

河内長野市で改装工事中の、Kさま邸では藤川棟梁の造作工事が進んでいます。

建物の外壁は以前は柱が見えた土壁造りでしたが、今回の改装工事で外壁の全面に構造用合板を張り、建物を強くした上で新たな外壁下地を作っていきます。

Kさま邸の新たな外壁は家工房の建物では定番の、色モルタルの掻き落とし仕上げとなるため、下地のバラ板を貼っていきます。

外部の大工さん工事は、ここまでくると終盤に差し掛かります。

同時進行で屋根工事も行われています。

屋根が重なる細かい部分は現場で板金を細工して施工をしてくれています。

メンテナンスも考慮をして以前の瓦屋根をガルバリウム鋼板葺きとしました。

いぶし色で落ち着いた雰囲気となりました。

玄関の門屋では間口を広げる構造の組み替えも完了し、広々とした印象の佇まいになりました。

外部の大工工事が終わると、室内の造作工事へと進んでいきます。

室内は庭木を楽しめる空間になりそうです。