河内長野市 Kさま邸 改装工事 進捗です。

河内長野市で改装工事中の、Kさま邸では藤川棟梁の造作工事が進んでいます。

天井の杉板が張り終わり、室内の雰囲気が出来上がってきました。

以前は隠れていた丸太の梁が空間を引き締めてくれています。

天井板は三重県の熊野杉で木目が綺麗な仕上がりです。

藤川さんが各室への扉の枠を組付気でいます。

家工房の建物では室内の扉を昔ながらの木製建具で建具屋さんが作ることが多いので、大工さんが現場で枠材を1つ1つ造作していきます。

建物の外では外壁の防水が終わり、左官下地が整いました。

外部はこれから、左官工事へと進んでいきます。