八尾市 Fさま邸 造作家具工事です。

八尾市で新築工事中の、Fさま邸では西川棟梁の造作家具づくりが始まりました。

現場には家具材が納入されました。

家工房では家具屋さんがつくる製作家具と、大工さんが現場でつくる造作家具を使い分けて、建物と一緒に家具を造り付けています。

造作家具は現場で大工さんが板材を1枚1枚、現場にあわせて採寸し加工していきます。

綺麗に整然とした棚が出来上がりました。

室内の造作工事も終盤となり、家具のない部屋の大工工事が完了してきています。

建物の外壁も岩井左官さんの外壁仕上げが行われました。

外壁の色モルタル掻き落とし仕上げです。

岩井左官さんが現場で材料を配合しながら、コテで塗り付けていきます。

表面を剣山のような道具で掻き落として綺麗に仕上がりました。