八尾市 Fさま邸 外観お披露目です。

八尾市で新築工事中の、Fさま邸では建物を覆っていました、足場が解体されました。

軒下土間(ピロティー)が特徴のFさま邸です。

通り面には窓を少なくし、室内のプライバシーの守られた外観となりました。

大きなピロティーは自転車置き場としても活用できる、多目的な空間になりそうです。

南側には、家工房の定番の軒と縁側空間もあり、場所場所で違った雰囲気の楽しめる造りとなっています。

室内は大工さんの造作工事が終盤となり、仕上げ前ながら完成のイメージができつつあります。

キャットウォークも出来上がりました。

引き続き、現場は進んでいきます。