河内長野市 Mさま邸 上棟いたしました。

河内長野市で新築工事中の、Mさま邸が上棟いたしました。

梅雨空の下での上棟作業でしたが、要の作業時は天候が落ち着き、気温も涼しかったことも相まって滞りなく棟上げ作業を行いました。

空高くに伸びるレッカーのアームで1本1本 構造材を吊り、Mさま邸の所定の位置に納めていきます。

骨太の構造材が組み上げられていき、一気に建物の形ができていきます。

事前にプレカットという機械加工を行ってきていますので、現場では微修正などを行いながら上棟作業を進めていきます。

梁の上を臆することなく身軽に歩き、作業する大工さんの姿は圧巻です。

建物の頂点を支える棟木(むなぎ)も納まりました。

この棟木も仕口など複雑な加工が施されています。

屋根のフレームとなる登り梁もかかり、構造材の組み上げが完了しました。

ここから屋根の下地となる野地板を施工していきます。

最後にルーフィングという屋根防水を張り、無事に上棟作業が完了いたしました。

河内長野市の住宅の一画に新たに、Mさま邸が建ち上がりました。

Mさま、上棟おめでとうございます。

いよいよ想い描いた建物が形となり現場が進んでいきます。

これからも、よろしくお願い申し上げます。